2008年06月14日

まいにちなにかをおもってます:2

080614_mainami.jpg


「ぼく(わたし)のこと、どれくらい好き?」
と聞かれることがもしあったら、上図のように答えよう、と
小雨降る道をラーメン屋目指しながら歩いていて考えた。

「ものさしより好き」
「受話器より好き」
「はみがきこより好き」

まあ、何でもいいんだけれど「ぼくのこと、どれくらい好き?」
なんておもはゆい事を聞くような関係性の人であれば
いくらなんでも「やかん」よりは好きなんじゃないか?
と保証しておいても良さそうと思ったのである。


それにしても「やかんより」「ものさしより」「受話器より」
と並べる事によってだんだん、その「より好き」の向こう側に
広がっている果てしなさ、際限無さ、膨大さが脳内にちらついてきて
なんだかドキドキするんだけど、そんなの私だけかしら。


「やかんより好き」に含まれる「より好き」の広がりの極大地点はどこだ。


「こーんだけ好き」と両手で輪っかを描いてみたり
「地球上で一番好き」だの「宇宙一好き」だの言ってみるよりずっと
限定が無い分、びらびらとでっかくて空恐ろしいような何かがそこにある
って気がする。

そりゃ人間の今の知性の範囲を考えれば「宇宙」がせいぜいの限界かもしれないけど
そんな「解明されている部分」なんて、いつだってひっくり返るんだからさ。


「彼のこと、ものさしより好きだけど白クマより好きじゃないわ」

「はみがきこ以上、深海のまだ発見されていない生物未満の好きさ」

「あの女嫌い、受話器よりもキライよ!」


うーん、それぞれ何だか妙に趣深い感じがあると思うの、私だけかしら。

まだ発見されてない生物より好きじゃないんだってよ!あんたのこと。



横には失敗した絵がみっつならんでいます。
失敗した絵でもみっつ並ぶと、なんとなく趣がある。









 
posted by 草子 at 17:30| うそほんと