2008年09月11日

余談ですがトイレ観察家として


余談ですが(何の)、私はトイレ観察家としても
そこそこ有名(自分の中で)なのですが

http://soko.sblo.jp/article/13977586.html
http://soko.sblo.jp/article/14253888.html


昨今の公衆トイレ事情をよく観察しておりますと
「トイレの和式便器」の流行に、ちょっと前から
変化がおこってきていることが分かります。


そして、これは私の持論なんですが
「トイレの和式便器」の流行は、よく観察していると
「新幹線のかたち」
と、大きな流れの中で連動していることが分かります。

和式便器と新幹線は相似形ですから
互いに響き合うのは無理もないですよね。


かたちとかたちは意外な線をたどって必ず響き合っています。

スリッパだった和式便器が新幹線を目指し始めてるのです。
本当いうと、和式便器は宇宙船になりたいんだと思うんです。
でも今はまだ、スリッパから新幹線になったとこ、という感じです。

和式便器にスペースワールドちっくな流線型が
どうして必要なのか分かりませんが(利便性からいっても)
とにかく和式便器も、新幹線みたいに時代の変化に伴って
どんどん未来的になっていきたいらしいです。

そういう意図が見え隠れする形状してますよね、最近の和式便器は。

今後の和式便器予想としては、おそらく「サイドの方」
にも何らかの変化を仕掛けてくるのでは、って気がしています。

自動開閉式のフタが出来たり、なんてするかもしれませんね。


10年後の携帯がどうなってるかよりも
10年後の和式便器がどうなっているか。


私、傘と和式便器の進化しそうなしなさそうな感じには
すごく注目しております。






 
posted by 草子 at 18:47| うそほんと